湯シャンのやり方です。

 

最近、お湯だけで洗髪を完了させるという「湯シャン」が注目されています。
海外では、実践されている人もいるようです。
髪や頭皮の洗い過ぎは、かえって肌トラブルや白髪・薄毛の原因にもなると言われています。


湯シャン」で、肌トラブルを回避するというのですから、注目されることに納得です。

 

さて、「湯シャン」のやり方を紹介します。

 

1、髪を洗う前には、しっかりブラッシングをしましょう。
毛先のもつれを防げますし、頭皮をほぐすこともできます。
頭皮に刺激を与えることで、血行促進効果も得られます。
2、可能であれば、湯シャンをする前に半身浴などをして、頭皮の汗や汚れ、皮脂などを取れやすい状態にしておくと良いでしょう。
シャワーヘッドを地肌につけながら、反対の手で頭皮をなでて汚れを落とします。
この時、お湯の温度は38度〜40度が適温と言われています。
3、頭皮をなでるのではなく、指の腹を使ってゴシゴシと揉みみするように洗いましょう。
適度にマッサージをするイメージです。
マッサージ洗いをしている時もシャワーをあてることによって汚れがしっかり落ちます。
4、湯シャンが終わったら、自然乾燥ではなく、きちんと乾かしてください。
この時、タオルでこするのではなく、優しくたたいて水分を吸収するようにしましょう。

 

湯シャンは、メリットもありますが、デメリットもあります。
それは、洗い上がりがスッキリしない、スタイリング剤などの油分を洗い流すことが難しい、皮脂量が多いので、頭皮の臭いが気になる等です。

 

湯シャンが合わない人もいると思います。
まずは、週1くらいから開始してみて、様子をみながら、自分に合う「湯シャン」の頻度を決めていくと良いですね。