夜型人間の人も少しの工夫で朝型人間になれるようですよ。

毎日なにかと忙しく、夜寝るのが日付が変わってからという人も少なくないのではないでしょうか。

子供が寝てから、自分の就寝時間までが自分の時間となる人の場合、ついつい夜更かししてしまって翌日辛いなんてことはありませんか。

朝型人間が健康や美容に良いことはわかっているものの、どうしたらいいかわからないという方へ、夜型人間でも、簡単に朝型人間になる方法があるので、紹介します。

まず、夜は普段より1時間半早く就寝しましょう。
普段と睡眠時間は変わらないとしても、早く寝て早く起きるようにしてみましょう。

次に、朝太陽の明るさが部屋に入るように、分厚いカーテンは使わないでください。
朝の太陽は、体内時計を整える他、代謝をアップする働きもあるのです。

3つ目は、朝エクササイズを行いましょう。
エクササイズの他、ジョギングやウォーキングなどもお勧めです。
体が適度に疲れると、夜更かしせずに、自然に眠くなり寝つきがよくなるからです。

4つ目は、朝ごはんをきちんと食べましょう。
朝ごはんをきちんと食べると、脳や体の働きが活溌になります。
日中しっかり活動することが、夜の睡眠につながります。

5つ目は、昼寝はやめましょう。
夜更かしして、早起きをすると、午後横になりたくなるものです。
しかし昼寝をすると、夜に眠くならなくなり悪循環です。

昼寝を我慢することが、朝型人間のリズムができあがる近道です。

6つ目は、コーヒーを飲むのは就寝7時間前までにしましょう。
コーヒーは、覚醒作用があります。
朝や昼間に飲むのは良いですが、実はカフェインの覚醒作用は5〜6時間以上にも及ぶことがあるので、夜または夕方遅くに飲むと、夜の睡眠に悪影響を及ぼしかねません。

夜更かしをしないで、朝型人間になることで、たくさんのメリットある毎日を送りたいですね。