女性ホルモンバランスが乱れる理由とは?原因別の対策を教えて!

女性ホルモンが乱れると、生理不順になったり肌荒れなどのトラブルを招いたり、妊娠や体調の変化にも大きな影響を及ぼします。

なぜホルモンバランスは乱れるのでしょうか。

原因と対策を紹介します。

女性ホルモンは、少しのことですぐに乱れると言われています。

脳はホルモンを制御している反面、ストレスや不規則な生活などの影響を受けてしまいます。

ですから日常生活が乱れるとホルモンバランスも一緒に崩れてしまうと考えられています。

ダイエットもホルモンバランスを乱す原因と言われています。

無理な食事制限でタンパク質の量などが減るとホルモンの生成自体が困難になることがあるのです。

栄養面が全体的に偏ることも体にとって不調を招く原因になります。

では、具体的にホルモンバランスが乱れる原因を紹介します。

1つ目は、生活習慣です。

例えば、寝る前にスマホなど電子機器を使ったりすると、寝つきが悪くなって睡眠不足になります。

またブルーライトと体内時計との関係についても報告されており、睡眠障害に陥る可能性が示唆されています。

寝る時間が決まっていなかったり、昼夜逆転している人もホルモンバランスが乱れがちです。

2つ目は、精神や体に原因があります。

ストレスが多いと、ホルモンバランスが乱れやすいと言われています。

またストレスだけでなく体を動かしていないこともホルモンバランスを乱してしまう原因になります。

3つ目は、食事です。

食事は、ホルモン生成に関わっていますので、食事が乱れるとホルモンバランスも悪くなります。

お菓子や揚げ物、アルコールの摂取が多かったりするとホルモンバランスが乱れやすくなる傾向にあります。

コーヒーや紅茶などカフェインも摂取しすぎるとホルモンに影響すると言われています。

では、続いてホルモンバランスの乱れ、原因別対処法を紹介します。

1つ目の生活習慣に原因がある場合の対処法です。

睡眠時間の理想は8時間と言われています。

短い人は、寝られる時間を増やすように心掛けてください。

難しい場合は、眠り始めの3時間の質をよくしてください。

眠り始めの3時間は、ホルモンが分泌されやすいと言われています。

眠りの質を高くするためにも就寝前のスマホなど電子機器を使うことはやめて、はじめの3時間をぐっすり眠りホルモンの分泌を促進させましょう。

2つ目の、精神や体に問題がある場合の対処法です。

ストレスが多い人は、上手に発散することが大切です。

難しいかもしれませんが、お風呂にゆっくり入ったり、生活の中でリラックスできる時間を作るようにしてみてください。

また運動不足を解消するため、リラックスやストレス発散のためにも、ウォーキングなどをするのも良いかもしれません。

無理のない範囲で軽い運動を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

3つ目の、食事問題がある場合の対処法です。

まずはバランスの良い食事を心掛けることが大切です。

ホルモンバランスを整えたい場合は、大豆イソフラボンを含んだ納豆や豆腐を食事に取り入れることをオススメします。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。

その他にも、ホルモンの代謝を上げてくれるビタミンB6も積極的に摂るようにすることをオススメします。

毎日の生活を少し見直してみることで、ホルモンバランスの乱れを改善させましょう。

r