ツヤ肌ベースメイクは!スキンケアがコツ

ツヤ肌にするためには、スキンケアがポイントになります。
スキンケアをきちんと行うことで、化粧ノリがアップするので、重要ですね。

では、化粧ノリがよくなるスキンケアのコツを紹介するので、是非試してみてください。

まず、化粧水はたっぷりつけましょう。
肌のキメを整えるために、肌の水分量の低下を避けることが大切です。
お肌が乾燥していると、皮脂の量が増えてインナードライになってしまうので注意が必要です。

化粧水をたっぷりつけるわけですが、1回でたっぷりとつけるのではなく、何回かにわけて、2〜3重ね付けするのが良いですね。

肌の水分量を多くするためには、乳液やクリームをたっぷりつけるのではなく、化粧水をたっぷりつけることがポイントです。

次に、ファンデーションを塗るタイミングです。

スキンケアしたすぐ後にファンデーションを塗るのは控えましょう。
乳液やクリームが肌に浸透する前にファンデーションをつけると、肌の表面に残っている乳液やクリームと、ファンデーションとが混ざりメイク崩れを引き起こします。

では、タイミングですが、手で触ってみて、肌表面がヌルヌルしていないのを
確認できたら、それは肌に馴染んだということです。

化粧水をつけたら浸透しているか確認し、その後にクリームや乳液・・と、
段階ごとに浸透しているか確認してから次へと進むと保湿力もアップしますし、メイク崩れの原因も減ります。

さて、化粧水や美容液をつけた後の乳液やクリームはリンパマッサージをしながらつけると良いですよ。
化粧ノリがアップすると言われています。

マッサージと聞くと、摩擦の心配があるかもしれませんが、
乳液やクリームをつけて行うことで、指のすべりがよくなり、肌への摩擦による負担が軽減されます。

リンパマッサージの行い方ですが、下から上へ行います。
逆方向に行うと、シワやたるみの原因になるので注意してください。

最後に、パフやブラシについてです。
パフやブラシは繰り返し使うことで、皮脂や汗が付着し雑菌が繁殖しやすい状態になっています。
そのまま使うことで、その雑菌によって肌トラブルを招くことも考えられます。
もちろんメイクのノリも悪くなりますし、肌にとって良いことはありません。
最低でも週1回は洗うようにし、メイク道具は常に清潔を保つようにしてください。

いくつかポイントを紹介しました。
毎日の少しの手間で、化粧のもちが上がります。
できるところから試してみてください。