体内時計を整える方法についてです。

 

当たり前な話ですが、1日は24時間です。

 

しかし人間の体内時計は25時間なのです。

と言うことは、毎日1時間ずつ、ずれてしまうことになります。
ある実験で、時計を置かない、時間がわからない状態の部屋で人が体内時計で過ごしてみたところ、寝る時間がずれたりするという結果になりました。
もちろん、眠くなる時間はその日の活動量や前日の睡眠時間などから変化があるかもしれませんが、その他の実験結果から人は普段、時計を見て時間で動いているというのがよくわかりました。
○時になったから起きる。
○時になったからご飯を食べる。
○時になったから眠くなってきた。
など、実際に身体が感じていることより時計を見てそのように感じて行動しているようです。
体内時計を24時間制の時間に整えることは身体にとって大切なことです。

 

毎朝、ずれている時間をリセットしてあげることが必要となります。
体内時計を整えるためには、朝日をきちんと浴びる生活を送ることをお勧めします。
雨戸やカーテンを閉めないで寝て、朝日で目覚める生活が、ずれている体内時計をリセットして、整える第一歩になります。

 

冬は日の出が遅く、日照時間も短くなるので朝日で起きるというのも難しいかもしれませんが、可能な範囲内で試してみてください。