スマホ二重顎からの脱出!原因と対策とは?

あなたは「スマホ二重顎」という言葉を聞いたことがありますか?

私は、先日テレビのニュースで聞きました。

携帯電話やスマホは、今必須アイテムとなっています。

しかし、それが二重顎の原因になることがあるそうです。

その原因や対策法についてお話します。

まず、なぜスマホで二重顎になるのか原因についてです。

例えば、電車でスマホを手にしている人をたくさん見ますよね。

それらの人達のほとんどは、姿勢が決して良いとは言えない体制でスマホを操作したり見たりしていませんか。

猫背の姿勢で、顎を前に出すような姿勢でいると、首の後ろ側の筋肉が緩み、首の前側の筋肉が引き延ばされてしまいます。

この力が引っ張り合うことで、顎から下の部分に重力や下向きの力が加わり、たるみを引き起こし起こしてしまいます。

しかもスマホを操作したり見たりしいる時、多くの人は無表情だと思います。

これが長時間日常的となると、顔へ刺激がなくなります。

すると筋肉は衰え、二重顎になりやすくなるのです。

更に猫背で全身のリンパや血流が滞り、老廃物がたまりやすくなり、フェイスラインが浮腫みやすくなったり、太っているわけではないのに二重顎になるのです。

そこで対策法を紹介します。

それは、生活習慣を見直すことです。

1つ目は、携帯電話やスマホを操作するときの姿勢を正します。

例えば、椅子に深く座ったり、姿勢を正したり、足を組まないで足底を床にしっかりつけて体重を支えたり、顔の高さで画面を見る等をしてみてください。

2つ目は、食事をする時は、よく噛むことです。

やわらかい食べ物が多く、噛まなくても食べられるものがたくさんあるかもしれません。

しかしそれらを主に食べるのではなく、歯ごたえのあるものを選んで食べ、よく噛むようにすると良いです。

たくさん噛むと、顎周りの筋肉が使われますし、これは、顎がゆるまないようにする方法ですよ。

3つ目は、親しい人と会って、お喋りをすることです。

メールでのやり取りは便利で良いですが、そればりではなく、直接会って、お喋りをして、笑ったりしましょう。

すると顔の筋肉が動くので顔のたるみの予防対策にもつながります。

普段の行動を少し見直し、心掛けることが大切です。

次は、正しい椅子の座り方のポイントです。

1つ目は、姿勢を正しくし、骨盤を立てるように意識して座るようにしましょう。

この時、腰を反らせ過ぎないようにすることにも気を付けてください。

2つ目は、坐骨から太ももの裏側辺りが座面に当たっているか確認しましょう。

3つ目は、足は組まず、まっすぐおろしましょう。

4つ目は、携帯電話やスマホは顔と同じ高さにしましょう。

最後に、長い時間、同じ姿勢でいないようにするために、時々首を軽く曲げたり、回したりしてストレッチをしましょう。

すると首周りの筋肉がほぐれるのでオススメです。

スマホ二重顎を感じているなら、ぜひ参考にされてみてくださいね。

hU