二重アゴの原因はスマホって本当?たるむフェイスラインをどうにかしたい!

二重顎の姿を鏡で見て私は、とてもショックです。

うすうす二重顎になってきていることは気づいていたものの、鏡ではっきりと確認してしまい、とてもショックです。

太ったんだなあと思っていたのですが、どうやらスマホが原因かもしれないようです。

きっと私と同じように二重顎になったことにショックを抱えている方がたくさんいると思うので、スマホと二重顎に関係をお話しますね。

どうやらスマホを使い過ぎると、二重顎やたるみの原因になるそうですよ。

それは筋力が低下するからです。

首を前に傾けた姿勢でスマホ操作をしていませんか?

その姿勢は、顎の下にある筋力低下を招きます。

他にも、スマホを見ている時、無表情になっていたりすること多いですよね。

それは表情筋の衰えを招きます。

皮膚が垂れ下がり、たるみにつながります。

姿勢が悪いと、それも悪影響を及ぼします。

頭を傾けた姿勢が続くと、猫背になり内臓を圧迫してしまうこともあります。

すると自律神経やリンパ、血液の流れが悪くなり顔が浮腫んだりすることにもつながります。

またスマホを見過ぎると目が疲れるので気を付けてください。

目もとのたるみを引き起こすことにつながり、血行不良やフェイスラインに悪影響になります。

では、スマホが原因の二重顎のケアはどうしたらよいのでしょうか。

筋肉が低下ししてたるみ、二重顎になるので、表情筋を鍛えることが良いです。

そこで表情筋を鍛えるエクササイズを紹介します。

1、顎を伸ばすように上を向き舌を突き出します。

2、そのまま数秒の間キープします。

3、「1」で、突き出した舌を戻します。

4、「1」から「3」を数回繰り返します。

たったこれだけでも継続して行うと、二重顎のたるみが解消、そしてフェイスラインをスッキリさせる期待が持てます。

スマホを使う時は、どうしても姿勢が悪くなりがちなので、時々上を向いて首を伸ばしたり、筋肉をほぐすようにすると良いです。

通勤途中や通学途中など、移動しながらもできることだと思うので、ぜひ取り組んでみてください。

二重顎やたるみは、実際の年齢よりも老けてみられがちです。

見た目年齢が実年齢よりも老けないよう、しっかり対策をしてくださいね。

対策をしないことで、悪化しないように気を付けてください。

スマホは、今となっては必需品になりつつあります。

とても便利なものなので、使うことをやめるという選択肢はないと思うので、上手に付き合って体に悪影響のないようにしてください。

u