コンビニでも買える!便秘・ダイエット・お肌に良い食物繊維たっぷりな食品たちとは?

便秘ケアや肌荒れケアのために、あなたはどのようなことを普段から行っていますか?

やはり野菜を食べよう!と思う方が多いのではないかと思います。

野菜は確かに身体に良いです。

食物繊維をたっぷり摂ることは便秘ケアにも肌荒れケアにも適している対策です。

でも、毎日きちんと野菜を使って料理をするって大変ではないですか?

私も毎日基本的に自炊をしています。

でも、時々「今日は無理~」って思う時があります。

主人が料理好きなので、仕事が休みの日は割と食事を作ってくれるので、そういう日はお任せしています。

でも主人が仕事の日は私が基本的に食事作りをするので、私も時々食事作りお休みの日がもらえるので頑張れています。

でも毎日毎日となると、考えただけで、大変だな、と思ってしまいます。

でも、どうやらコンビニエンスストアで買えるものではも食物繊維がたっぷり摂れる商品があることを知りました。

コンビニエンスなら、いつでも手軽に買えるので便利ですよね。

驚いたことに、食物繊維=野菜というわけではなく、おつまみやお菓子もありましたよ。

では順番に紹介します。

1つ目は、納豆です。

納豆は、食事の時に1パック食べると言われていて、コンビニエンスストアでも必ずおいてあります。

1パック(40グラム)あたりの食物繊維の総量は、2.4グラムです。

そのうち、水溶性食物繊維は、0.8グラムで、不要性食物繊維は、1.6グラムです。

2つ目は、チルド惣菜です。

食物繊維=生野菜のサラダというイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。

和風のおかずには食物繊維が豊富なものがたくさんあります。

その1つに「卯の花」があります。

豆腐のおからと、根菜やキノコなどを煮た料理です。

他にも、ヒジキ煮やタケノコの土佐煮、きんぴらごぼうや切り干し大根の煮物なども良いですよ。

おから100グラムあたりの食物繊維の総量は、11.5グラムです。

そのうち、水溶性食物繊維は、0.4グラムで、不要性食物繊維は、11.1グラムです。

3つ目は、ブルーベリーです。

ブルーベリーは、アンチエイジングにも良いことで知られているかと思います。

食物繊維の面でもオススメです。

でもブルーベリーって旬の季節にお店に並ぶものの、ほんと一瞬でお店に置かれなくなります。

私も食べるのですが、1回か2回くらいしか買えないですね。

買って食べて買って食べて、3回目を買おうと思ってお店に並んでいたらラッキーです。

でもコンビニエンスストアには冷凍が売っていますよね。

これでしたら、いつでも食べたい時に買えますしし、食べたい量だけ食べることができて保存もできるので良いですよね。

ヨーグルトに入れて食べる食べ方もオススメです。

4つ目は、ブロッコリーです。

こちらも冷凍したものがコンビニエンスストアで売られています。

仕上げに入れるだけでゆでたてのような食感や香りを味わうことができます。

ビタミンCや葉酸も豊富で、スープやパスタ、お鍋に入れても良いですね。

茹でたブロッコリー100グラムあたりの食物繊維の総量は、3.7グラムです。

そのうち、水溶性食物繊維は、0.8グラムで、不要性食物繊維は、2.9グラムです。

5つ目は、アーモンドです。

美容に良い印象が強いですが、食物繊維も豊富です。

ビタミンEも多く含まれていますよ。

アーモンド(いり、無塩)100グラムあたりの食物繊維の総量は、11.0グラムです。

そのうち、水溶性食物繊維は、1.1グラムで、不要性食物繊維は、10.0グラムです。

6個目は、すりごまです。

意外かもしれませんが、ゴマ、コンビニエンスストアで売っています。

サラダやご飯にかけて食べると無理なく取り入れることができますね。

ごま(いり)100グラムあたりの食物繊維の総量は、12.6グラムです。

そのうち水溶性食物繊維は、2.5グラムで、不要性食物繊維は、10.1グラムです。

7つ目は、甘栗です。

甘栗は、ナッツ類に比べるとカロリーも控えめですし、おやつに嬉しい1品です。

コンビニエンスストアでは食べきりサイズの商品が売られているので気軽に買えますね。

甘栗100グラムあたりの食物繊維の総量は、8.5グラムです。

そのうち、水溶性食物繊維は、1.0グラムで、不要性食物繊維は、7.5グラムです。

いかがですか?

食物繊維を摂るために無理して毎日しっかり食事作りを頑張らなくてもコンビニエンスストアで気軽に食物繊維がたっぷり摂れるものが売っていることがわかりました。

また食物繊維は、便秘ケアにつながる整腸の働きの他に血糖値上昇を抑えたり血中コレステロール濃度を下げたり等、いくつもの生理機能がわかっています。

男の人は20グラム以上、女の人は18グラム以上が目標(男女ともに18才~69才の場合)と言われています。

無理なく取り入れられると良いですね。

rU