お酢風呂で体臭対策です。

 

水虫を患っている方が、酢を入れたお湯で足湯をするということを聞いたことがあるでしょうか。
これは、水虫(白癬菌)にも勿論効きますが、足の臭いを減少させる効果もあるのです。

 

お酢は、足の臭いだけでなく体臭を減少させる効果もあります。
そこで「お酢風呂」をオススメします。

 

お風呂に入る直前に、お酢を浴槽のお湯に混ぜるだけという、とても簡単な方法です。
お風呂に入れる、お酢の量はお湯の量にもよりますが、およそコップ半分弱程度です。

 

お風呂のお湯に対して、お酢はコップ半分弱程度なので、割合的には少量であり、浴槽が
お酢の臭いでキツイということはないでしょう。
お酢の臭いを苦手という方もいると思いますが、多くの方には、さわやかな香りに感じられることと思います。
そのお酢を混ぜたお風呂に入ることで、お酢に含まれているクエン酸の働きによって肌は弱酸性が保たれ、雑菌の繁殖が抑えられますので、結果として体臭を防ぐことにつながります。

 

更に、毛穴からクエン酸が吸収されることで、汗のアンモニア臭も抑えることが可能になることでしょう。

 

規則正しい食生活が体臭予防に大切ですが、なんらかで食生活が乱れ、汗が臭うと感じられたら、「お酢風呂」で、体臭対策をしてみてください。