お腹が鳴った時に助かる5つの方法

しっかりご飯を食べたのに、3時間後くらいには、お腹が鳴るという人もいるかと思います。
お腹が鳴ると、食べ物のことで頭がいっぱいになってしまって、無駄なものを食べてしまうことはないでしょうか。

お腹が鳴った時に食べると良いものなど、お腹が鳴った時の対策法を紹介します。

1つ目は、ナッツ類を食べることです。
血糖値が下がると、脳はお腹が空いたと感じて空腹状態になります。

空腹を紛らわせるためには、食べ過ぎることなく、血糖値を緩やかに上げるものを食べると良いでしょう。

そこでお勧めは、ナッツ類です。
アーモンドやカシューナッツなどは、血糖値を緩やかに上げてくれて、更にタンパク質やミネラルが豊富に摂れるので脳の活性化にもお勧めです。

しかしナッツ類は高カロリーなので、15〜20粒を目安にしてください。

2つ目は、ガムを噛みましょう。
ガムを噛んで満腹中枢を刺激させると良いでしょう。
ガムを噛むと、あごの筋肉が鍛えられるので、小顔効果も得られます。

ガムはノンシュガーのものを選び、両側の歯を使って、バランスよく噛むようにしましょう。

3つ目は、お腹に力を入れます。
お腹が鳴る原因の1つに、うつむき加減の姿勢をしていることが挙げられます。

お腹が鳴りそうになったり、背筋を伸ばして空気を吸い、お腹を膨らせましょう。
お腹に力を入れることで、胃の収縮を防ぎ、お腹が鳴ることを防げます。

腹式呼吸も効果があると言われているので、試してみてください。

4つ目は、運動をするです。
空腹を感じたら、軽く運動をしたり好きなのに熱中してみてください。
空腹を感じている時に、興奮したりストレスがかかるとアドレナリンが分泌されるのですが、このアドレナリンは血糖値を上げる効果があるので空腹感を感じにくくしてくれるからです。

5つ目は、ツボ押しです。
過食を防ぐ効果がある「飢点(きてん)」という耳の頭側で少しとがっている部分の下にあるツボをつまみ上げるイメージでマッサージをしてみましょう。

満腹中枢に直接働きかけ、ダイエットに効果的です。

また、鼻の下にある「人中(じんちゅう)」というツボを刺激するのもお勧めです。
鼻と口のくぼみを痛気持ちいい程度の強さで刺激すると良いですね。

お腹が鳴った時にお勧めの食べ物と、対策法を紹介しました。
その時に合う方法で、対応してみてください。