理想の眉毛カットのコツとは?ハサミだけではダメ?

あなたはまゆ毛カットをどのようにしていますか?

私は、はさみでカットしていますが、なかなか良い感じの仕上がりになりません。

そこで、理想の眉毛の形になる「まゆ毛カットの極意」を紹介します。

まず必要な道具です。

1つ目は、まゆ毛カット用のはさみです。

専用のものは、刃先がカーブしていて安全ですし、コーム付きのものを選ぶと尚良いですよ。

2つ目は、毛の流れを整えるためのブラシです。

スクリューブラシを使ってまゆ毛の流れを整えることが大切です。

3つ目は、毛抜きです。

はさみで切れない毛を抜くために使います。

まゆ毛専用のものを使う方が尚良いです。

電動シェーバーでも良いです。

ではポイントを紹介します。

まゆ頭と、まゆ山、まゆ尻を意識します。

まゆ頭はまゆ毛のスタート地点で、まゆ毛全体の仕上りに影響があります。

左右のまゆ頭は、小鼻の幅と同じらい挙げるのが良いですね。

次は、まゆ山で立体的にします。

まゆ山は、顔を立体的にみせる働きがあります。

緩やかなカーブを残すように切りそろえると良いです。

まゆ尻は下げないようにします。

まゆ山より下、尚且つまゆ頭より下にならないようにしましょう。

カットするときに失敗しないように、スッピンでは行わないようにしましょう。

理想の形を描いてから行うと目安にもなりますしオススメです。

またカットしすぎないように気を付けてください。

はさみだけでカットしていくのはよくありません。

スクリューブラシで整えながら切っていくことがオススメな方法です。

ある程度切ったらコームをあててみます。

1本ずつ切ると尚良いです。

それでも失敗してしまうこともあると思います。

切り過ぎて失敗してしまっても大丈夫です。

切り過ぎてしまったら、描けばよいのです。

失敗しても焦らず、落ち込まず伸びてくるまで書き足せば問題ありません。

いかがでしょうか。

まゆ毛カットは、難しいですよね。

私は普段ドキドキ緊張しながら行っています。

片方がうまくできたと思っても、反対側が失敗してしまうこともよくあります。

左右バランスよく行うのは難しいですよね。

しかし、やはり左右バランス良いのが大切です。

鏡で全体のバランスを確認しながら行うと良いですね。

私も苦手なまゆ毛カットですが、今回ご紹介した方法に習い、次から取り組んでみようと思います。

私がいつも失敗する原因の1つに急いで行うことがあります。

いつも短時間で慌ててカットすることがあるので、やはり焦りは禁物です。

その点にも気を付けて、じっくりと行ってみようと思います。

u