気づいたらできてた口内炎をどうにかしたい!予防と対策とは?

口内炎ができてしまった経験のある方、多いのではないでしょうか。

できやすい人、そうでない人といるようですが、できてしまった口内炎をどうにかしたい!と思いますよね。

そこで、口内炎の予防と対策を紹介します。

そもそも口内炎とは、頬の内側や歯茎など口の中の粘膜に炎症が起きている状態を指し、いくつかの原因が考えられます。

例えば、口内の傷に細菌が繁殖したり、免疫力の低下等と言われています。

一度できると厄介な口内炎、なるべく悪化させず早く治したいものですね。

では、早速できてしまった口内炎の対処法を紹介します。

まず、口の中を清潔にすることが大切です。

口内炎のでき始めの時に、優しくうがいをすると良いようですよ。

また口内炎治療薬が市販されていますが、症状に合わせて使うのも良いです。

痛みや症状を緩和させるステロイド系や殺菌するタイプなどの塗り薬がありますので、就寝時に患部に塗ると良いです。

薬ではありませんが、殺菌という意味で、口内炎の対処にハチミツを使うのも良いです。

口の中に薬を塗ることに抵抗がある人は、ハチミツを塗ってみてください。

もちろん、舐めてしまって問題ないので安心ですね。

マヌカハニーなど殺菌力の高いものを使うと、より実感力も高まりそうですね。

次に、普段からできる口内炎の予防法を紹介します。

口内炎が普段からできやすい人は、口の中の細菌に負けない粘膜をつくるたに栄養管理を気を付けると良いです。

レバーや海藻、納豆や卵、乳製品などに含まれるビタミンB2は、皮膚や粘膜を守る力があります。

それにマグロやカツオ、バナナなどに含まれるビタミンB6には、皮膚や粘膜の健康を維持する力があります。

口内炎の予防と対策に積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

栄養の他に、睡眠も免疫力に大きく影響します。

十分な睡眠時間をとるようにして体調管理にも注意してください。

私の姉は、頻繁に口内炎ができて、あまりに辛い時は歯科医院で薬を塗ってもらったこともあったようです。

しかしその後ビタミン類のサプリメントを摂るようになってから、口内炎の予防に良いようです。

子供の頃、毎日同じ食事をしていたのに姉は口内炎ができやすく私はできたことがありませんでした。

体質的なものもあるかと思いますが、サプリメントの摂取で予防できているので、自分に合った対策をすると予防できるのですね。

また私は、中学生くらいから口内炎に悩まされるようになりました。

定期テスト前や社会人になってからは仕事の繁忙期に口内炎ができやすかったです。

原因は睡眠不足だと認識しています。

姉は栄養面から、私は睡眠が原因で口内炎ができやすいようです。

自分のタイプを知ると対策もしやすくなるかもしれませんね。

rU