若さを保つ為には濃い色の野菜を摂るといいです。

 

健康の為にも美容のためにもバランスの取れた食事は大切です。
老化防止して若さを保つためには7色の野菜をバランスよくとることが大切です。

 

その中でも色の濃い野菜を積極的に食べると尚よしです。
濃い色の野菜は生命力が強いのです。
濃い色の野菜の中でも選べるのであれば、路地栽培されたものを選ぶようにしましょう。

 

ハウス栽培された野菜より、路地栽培された野菜は、紫外線や暑さ、寒さ、乾燥や雨など、自然のあらゆるダメージを受けながらも、それに耐え成長するので、より野菜の力を発揮してくれます。
ハウス栽培がよくないと言うわけではありません。

 

しかしハウス栽培はビニールをかけてもらい、温めてもらい自然のダメージから守られて育っています。
現代はハウス栽培が多いのかもしれませんが、可能であればという話です。
旬のものを選ぶようにすると路地栽培に出会えるかもしれません。

 

旬でないものは、その季節では育たないはずなので、ハウスで育てていると考えられます。
何事もバランスが大切なので、路地で育った野菜にばかりこだわらず、色々なものを食べてもらいたいと思います。
濃い色の野菜、可能であれば旬のものを選ぶと、その時に体に必要な栄養素をバランスよく摂れることでしょう。

 

例えば、冬だったら、ほうれん草とか白菜も旬ですね。

カブも葉っぱも一緒に食べるといいです。

0-09

旬のものは、安くて栄養も豊富なのでおすすめですよ。