コーヒーは飲む時間帯で体に悪影響!というニュースから最新情報です。

1日の始まりは1杯のコーヒーからという人も少なくないことでしょう。
しかし、コーヒーは飲む時間帯によって体によくない影響を及ぼすことがわかりました。

朝、起きてからすぐや朝8時〜9時、お昼の12時〜13時、17時半〜18時30分は、コーヒーを控えるようにしましょう。

この時間帯は、コルチゾールというホルモンが分泌される時間帯と言われています。
コルチゾールは、ストレスに敏感に反応するホルモンであり、また脳を覚醒させる働きがあります。

この時間帯にコーヒーを飲むことで、コルチゾールの分泌が減少してしまうのです。

すると、体はカフェインに対する耐性がついてしまい、それまでより多くのカフェインを欲するようになってしまいます。
毎日、このことの繰り返しになると体にとってよくありません。

食後のコーヒーが良いと言われる考えもあるかもしれませんが、コルチゾールとコーヒーとの関係性からは、起床後のコーヒーや、朝8時〜9時、お昼の12時〜13時、17時30分〜18時30分にコーヒーを飲むことは控えた方が良さそうです。

コーヒーは、上手に取り入れることで、体にとってプラスの影響も与える飲み物なので、マイナスになる時間帯は外して、飲むようにすると良いですね。

カフェインを摂ることで、夜の眠りに影響が強くある人は特に夕方の時間帯に控えることで、コルチゾールの分泌と睡眠に対してもコーヒーは避けると良いでしょう。

まずは、目覚めの1杯のコーヒーから注意して控えるようにしてみてください。