気持ちが顔に、健康にもつながりますね。

 

子どもの頃から大人っぽく見える子や、ある程度の年齢になっても若々しく見える人、実年齢よりも上に見られがちな人、いろいろいると思います。

 

若いころに実年齢より上に見られがちに人の場合、ある程度の年齢になった時に反対に若く見られるようになることもあります。

 

しかし、そんな顔の造りとは別に気持ちが表情に現れることがよくあります。

 

気持ちが明るい人は表情も明るく、ニコニコする時間が多いほどお肌にも体にも良い影響があります。

 

反対に、悩み事を抱えていたり、ストレスが多いと、それが表情に現れますし、体にも悪影響を及ぼしかねません。

 

見た目が若い人は気持ちも前向きな人が多い傾向にあります。

 

気持ちを若く持てる人は体も健康な人が多いです。

 

まとめると、見た目を美しくしたいと思う人は心身ともに健康な人が多いということになります。

 

外面・内面、どちらも健康でいたいですね。

 

上でも触れましたが、よく性格や日常生活が顔に出ると言われていますが、それは本当です。

 

普段の表情がシワとなって刻まれてしまうからです。

 

若い時は気にならない表情ジワも年齢を重ねるごとに出てくるので要注意です。

 

若い頃からの積み重ねが顔が現れるので、なるべくストレスは軽減させ、前向きな気もちでニコニコ笑顔で毎日を過ごしたいものですね。

 

egao