かかとのガサガサ放置は危険ですよ。

 

足のかかとがガサガサしていませんか?
最初は白く粉を吹いたようなカサカサした状態から、だんだんと固くなり、ひどくなるとひび割れしてしまいます。

 

ひび割れまでなると痛みを伴うこともあるでしょう。
ひび割れから細菌感染や水虫になる可能性もでてきます。

 

見た目のためにも病気を防ぐためにも、きちんとケアしましょう。
また、かかとのガサガサは乾燥が原因でなる場合が多いと思いますが、水虫が原因でガサガサになることもあります。

 

水虫は足の指だけではありません。

 

白癬菌という菌によって起こるものなので、白癬菌がかかとに繁殖すれば、そこが水虫になることもあります。
ある程度、自分でケアをして様子をみるのもいいかもしれませんが、改善しないような時は専門医を受診すると原因がわかり適切な処置を受けられるかもしれません。
乾燥の場合と水虫の場合とでは、ケアの方法も違いますので気を付けてください。
間違えたケアを続けると悪化することもありえますので、注意が必要です。

 

では、乾燥が原因のガサガサケアの方法です。
まずお湯につかり踵の固い部分をふやかします。

 

次に軽石などで軽く削ります。

 

そしてクリームをぬり保湿します。

 

やりすぎには注意しましょう。

 

ガサガサしていないキレイな踵、健康な踵を目指しましょう。