花粉症は肌にも現れると言われていますね。

 

花粉症と聞くと、一般的に春先に鼻炎や目に現れる症状と思われがちかもしれません。
鼻がムズムズしたり、鼻水が止まらなかったり、目が痒かったり、これだけでも辛いですが、実は、肌にも症状が現れることがあるのです。


主な症状としては、まぶた・頬骨・あごから首などがカサカサして、痒く赤くなります。

 

アトピー性皮膚炎の人は特に花粉症症状が肌にも現れやすいので要注意です。

 

アトピー性皮膚炎も花粉症もアレルギー体質の人がなるので、体質改善が望ましいですが、簡単にできるものではありません。そこで予防が大切です。

 

花粉を吸わないように、目に入らないようにするために、マスクや専用のメガネをかけるなどして花粉が体内に入らないようにするのと同じで、皮膚にも花粉が付かないようにするのがベストです。

 

しかし、それは難しいかもしれないので外から帰ったら家に入る前に衣類についた花粉を払う、なるべく早くシャワーを浴びるなどをして、炎症が起こる前に花粉を肌から落とすことです。

 

花粉症対策に効果のある食べ物や飲み物などもあるので、症状が出始める季節の前から取り入れるのも1つの予防策かもしれませんね。

 

薬ではないので、即効性はありませんし、効果の現れ方は個人差が大きいかもしれません。

 

自分に合う予防策を見付けて春ではなく、1月頃から始めるという話もありますので、早めに対策するのがいいでしょう。