女性が薄毛になる原因と対策とは?どんなものを食べるといい?

薄毛に悩む方が多いと思いますが、その原因をご存じでしょうか。

女の人の薄毛と男の人の薄毛の原因は異なります。

そこで女の人特有の薄毛の原因や対策法を紹介します。

まずは、女の人の薄毛の大きな2つの原因を挙げます。

1つは、女性ホルモンの乱れです。

これはストレスや妊娠・出産、ピルの服用や更年期等です。

もう1つは、血行不良や貧血といった血液に関するトラブルです。

その他、過度なストレスや生活習慣の乱れ、睡眠不足や栄養の偏り等も関わっています。

忙しい毎日、何かしら思い当たるものがあるかもしれませんね。

そこで、今回は、女の人の薄毛ケアのために良い食べ物を紹介しますよ。

それは「大豆製品」と「鉄分や亜鉛が含まれている食べ物」です。

女の人の薄毛には、女性ホルモンと血流が大きく影響していることがわかっているので、それらをケアする食べものを積極的に食べると良いですね。

1つ目の大豆製品を具体的に挙げますね。

味噌、納豆、豆腐、高野豆腐、油揚げ、黄な粉等です。

味噌は、味噌汁でも良いですし、炒め物の味付けに使うのも良いですね。

その他の食材も上手に取り入れてくださいね。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンを助ける働きかけをしてくれます。

鉄分や亜鉛も含んでいると言われています。

私は、薄毛ではありせんが、若い頃女性ホルモンが乱れて体調を崩したことがあります。

そのとき、大豆イソフラボンのサプリメントを摂りました。

そのときは、きづいた時には、かなり手遅れで結局サプリメントだけではケアできず病院で治療を受けましたが、それからは食べ物から大豆イソフラボンを積極的に摂れいれるようにしていて、体調も良いですし、若い頃乱れてしまった女性ホルモンをバランスも今は大丈夫なようです。

味噌汁を毎日摂るようにして、具に油揚げとたっぷりの野菜を入れるようにしています。

納豆や豆腐もなるべく食べるようにしています。

高野豆腐も私はお出汁で煮て食べるのが好きです。

話を戻しますね。

もう1つの鉄分・亜鉛が多く含まれている食べ物を具体的に挙げます。

ウナギ、牡蠣、牛肉、ゴマ、アサリ、パセリ、ナッツ類等です。

血液は生命の維持、内臓の維持、子宮(生理)等に優先的に使われ、血液が足りなくなりがちな女の人は、髪への血液が不足してしまうことが考えられます。

そのため血液の元になる成分や髪の毛を育てるために大切な成分を積極的に補うようにすることが大切になります。

髪には海藻と言われますが、その土台作りもしっかりすることが大切です。

無理なダイエットは抜け毛の原因になりますし身体に大きな負担になるので気を付けてください。

育毛剤で頭皮ケアをすることは血行不良のケアが期待できるので、良いそうですよ。

食べ物や生活習慣を見直しても、すぐに変化が現れることはないかもしれません。

髪の質に良い変化が実感できたり、育毛には6か月くらいはかかると言われているので、長期間かかるというスタンスで取り組んでくださいね。

u