ダイエットの味方になる糖質ってあるの?燃焼できる食べ物とは?

ダイエットに糖質は敵というイメージがありますよね。

私も以前、糖質制限ダイエットをしたことがあります。

お米やパンは、ほぼ食べず、揚げものの衣も当時は剥がして食べていました。

主食として思いきり食べられるのは、お蕎麦だけで、もちろんラーメンやうどんなどは当時ほとんど食べませんでした。

糖分は、脳の栄養なので必要なことはわかっていても、わざわざお米など意識して摂らなくても、おかずから少なからず糖質は摂れるだろうし、これで大丈夫!と思い込んで取り組みました。

確かに、着実に減量はできましたが、その後、体調を崩しました。

やはり無理な方法だったのかもしれません。

しかし同じ糖質制限ダイエットを職場で男性が行い、見事に成功されていました。

体調を崩すこともありませんでした。

男性と女性では同じ方法を行っても結果が異なるのか、体質的なものか、わかりませんが、とにかく私には向いていない方法であったことは確かなようです。

こんなにも嫌っていた糖質ですが、実は糖質がダイエット中の味方になるものも存在するんです。

ダイエットに良い糖質の食べ方を紹介しますので、上手に活用してみてくださいね。

意外かもしれませんが、糖質で体脂肪を燃焼させます。

一部の糖質に含まれるレジスタントスターチは、食べると満腹感が持続し、お腹が空きにくくなると言われていたり、ビフィズス菌を増やす働きもあります。

整腸作用やコレステロール低下、血糖コントロールなどの働きかけをしてくれます。

またエネルギーの消費量を増やして、脂肪燃焼を促し、腹部の脂肪を減らすこともわかっています。

お腹が満たされて、脂肪燃焼もしてくれる素敵な食べ物です。

このレジスタントスターチは、ご飯やジャガイモ、パスタやコーンフレークなどに含まれています。

糖質の多い位も類穀類に多く含まれており、煮たりすることで含有量は減少しますが、焼いたり上げたりすると減少を抑えられると言われています。

例えば、蒸したジャガイモよりも蒸して冷やしたジャガイモの方がレジスタントスターチの含有量が3倍近く増えます。

そしてご飯に含まれるデンプンも冷えるとレジスタントスターチに変化するので、冷蔵庫で冷やしたポテトサラダや冷めても美味しく食べられるおにぎりなどを適量食べると良いですね。

このように、糖質=太るのではなく、食べ方によってダイエットに良くなるので、同じ糖質も賢く食べてダイエットの味方にしましょう。

rU