肌に負担をかけない3つで美肌をキープ

美肌をキープするのは難しいことですね。

季節の変わり目やストレスなどで肌はダメージを受けて反応してしまいます。

そこで、女性の皆さんが普段から肌に負担を掛けないように心掛けていることを紹介します。

1つ目は、日焼け対策です。

夏だけでなく年中日焼け止めは欠かさない、
日傘を使うなど日焼けに注意する、
日焼けをしないように心掛けているという人が多くいます。

日焼けは、肌にとって天敵です。

シミだけでなく、乾燥の原因にもなります。

紫外線対策は、年間欠かさず行いましょう。

2つ目は、肌に強い刺激を与えないことです。

タオルでゴシゴシこすらない、
洗顔後に顔を拭くときタオルでポンポンとあてて抑えるようにしている、
ゴシゴシ洗わないようにしているなど、
洗顔時に力を入れないように気を付けているという人が多いですね。

しっかり洗おうとして、つい力が入ってしまう気持ちはわかりますが、それは肌にとって負担になります。

しっかり泡立てて、優しく肌を包むようにして洗うことをオススメします。

顔を拭くときも、ゴシゴシ拭くのではなく、水分をおさえるようにしましょう。

3つ目は、メイクに気を付けることです。

化粧はすぐに落とす、
メイクは濃くしないようにして、寝る前は必ず落とす、
天然素材のものを使う、
休日は用事がない日はメイクをしないなど、メイクについて気を付けているようです。

メイクは、しないわけにはいかないものの、肌には負担になっています。

ですから、必要のない時はメイクをしないようにすることが大切です。

夜、帰宅したら必ずメイクは落とし、休日も人に会わない時はメイクをしないなど、肌にも休息を与えてあげましょう。

なお、赤ちゃんの肌に触れても優しいファンデーションを使うとお肌に優しいです。

手間になることもあるかもしれませんが、美肌になるためには、また美肌をキープするためには、毎日の少しの努力の積み重ねが大切です。