アトピー性皮膚炎と食事

 

辛いアトピー性皮膚炎の症状を少しでも軽くするために、食事を注意するというお話です。

 

まず、食べ過ぎには注意をし、しっかりよく噛んで食べることが大切です。

 

腹八分目くらいがいいでしょう。

 

糖分は特に控えめにしてください。

 

チョコレートやアイスクリーム、ケーキなど、甘くて美味しいものがたくさんありますが、アトピーの方は、我慢して控えるようにしてください。

 

砂糖は、アトピーの痒みを悪化させると言われています。

 

たまに食べるのは、ある程度良いですが、日常的に食べるはお勧めできません。

 

また油脂類の摂取も控えめにしましょう。

 

タンパク質については、動物性タンパク質は控えめにしてください。

 

魚介類や味噌、納豆などの大豆製品からタンパク質を摂るのが良いと言われています。

 

添加物はよくありません。

 

なるべく添加物の入っているものは控え、無農薬や無添加食品を選ぶと良いですね。

 

現代社会は、美味しいものが溢れています。

 

これらの誘惑に負けないで、アトピーを克服してもらいたいと思います。

 

全て我慢するのは、ストレスの原因になりかねないので、何かイベントなどの時に食べるのは良いことにするなど、自分なりのルールを決めるのもいいでしょう。

 

アトピーを克服するためには、昔の日本食が良いということです。

 

少しでもアトピーの症状が改善されますように。