自宅でできるアトピーの痒みを減らす方法

 

アトピーは痒くて、寝ていても無意識に掻いてしまい、朝起きたら皮膚が傷ついていたなんてことありませんか?

 

年間通して、この痒みがある人、乾燥する季節だけの人、花粉などに反応する人など、様々だと思います。

 

辛い痒みを少しでも減らしたいもの。

 

ここでは、自宅でできる痒みを減らす方法を紹介します。

 

痒みは、体が温まるとひどくなります。

 

ですから、皮膚を冷やすのが効果的です。

 

お風呂上りは、身体が温まり特に痒みが増してしまいます。

 

そこで、少しでも掻かないために、・入浴時のお湯はぬるま湯にし・室温は低めに設定・保冷剤で痒みのある箇所を冷やすなどの工夫をしてきましょう。

 

身体が冷えすぎると、免疫力が落ちるので、病気にかかりやすくなります。

 

冷やしすぎないように注意が必要です。

 

アトピーとは異なりますが、最近、激しく全身に蕁麻疹が出たことがありました。

 

休日でしたが、あまりにひどく治まらないので、受診したところ、休日ということもあり薬は処方されず、痒

いところを冷やすようアドバイスをもらいました。

 

皮膚の痒みには、冷やすことが効果的なのですね。

 

人間は、痒みが何より辛い症状だから、痒いと我慢できず掻いてしまい傷にして痛みの方が耐えられるから痒い時は掻いて痛くしてしまうという本能があると医者に教わったことがあります。

 

納得できますが、痒いからと掻いたら、その傷がまた痒くなり、また掻いてしまう悪循環です。

 

そこで、掻いても傷にならないように、手袋や包帯などアトピー用のグッズもあるので、それらも上手に取り入れてみるのもいいですね。