アレルギー性鼻炎はアトピー疾患です。

 

アトピーと聞くと、肌のカサカサや痒み、湿疹などの肌に起こる疾患と思われていますよね。
しかし実はアレルギー疾患の中で、遺伝的要素が強いものをアトピー疾患といいます。


アレルギー性鼻炎はアトピー疾患の1つであり、遺伝も多く生まれつき体質が関与していることも多いです。

 

しかしアトピー体質だからと言って、必ずアトピー疾患にかかるわけではありません。

 

ある医者に、アレルギー体質は遺伝的要素が強いけれど、症状の出方は人により違うと言われたことがあります。

 

親はアトピー性皮膚炎だとしても、子供も必ずアトピー性皮膚炎としてアレルギー症状が現れるということではなく、アレルギー性鼻炎としてアレルギーの症状が現れることがあるということです。

 

アレルギー体質は遺伝されることが多いですが、その子の弱いところに症状として現れるという話でした。

 

皮膚が弱ければアトピー性皮膚炎、鼻が弱ければアレルギー性鼻炎、気管支が弱ければ喘息といったかんじです。
しかしアレルギーマーチという言葉もあり、これらのアレルギー症状が順番に出現することもあります。

 

話が反れましたが、アレルギー性鼻炎をお持ちの方は、アレルギー体質であることが十分考えられますので、その他の疾患にかかることも考えられます。
普段から体調に気を付けていると、いざという時に早期対応ができるでしょう。